スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Live at WoodShop Hiratsuka 1/26

VMBT performed at WoodShop Hiratsuka 1/26

いや~~なかなか記事が書けず、時間が経ってしまいましたが、
記録帳にしてるので、書かせて頂きます。


2011年1月26日(水)、神奈川県、平塚のバー「WoodShop」にて
ベース&ヴォーカルデュオ「Voice Me Bass T」(ヴオイスミーベースティー:旧MachikoWithTaka:マチタカ)
でのライブをさせていただきました。

WoodShopは、Takaの知人方が
2009年にオープンしたお店で、JR平塚駅南口から2分のところにある、
木の香のする爽やかなバーです。

このお店は、ギタリストでもある材木屋さんが、敷地内にオープンしたお店で、
材木屋さんだけあってふんだんに使われた木から醸し出される雰囲気と香は
なかなか他のお店にはありません。お酒もお料理も安くて美味。
ライブではなくても、ふらっと行っても良いお店です。

中はカウンターとテーブルが数個、全部で30人くらいのキャパかな?
月に2~3回行われるライブは、小さい店内の一角にマイクを立てて演奏します。
しかし、ちゃんと専用PAを建物に備え付けているので音響はちゃんとしています。
そして、ライトもスポットがあり、演奏中はダウンライトにして、ステージを引き立ててくれます。
さすが演奏者のヒロシさんの設計だけあって、このサイズにしてはなかなかない好環境です。
このくらいの大きさのお店の独特のお客様との一体感(MCへの突っ込みとかね)はなかなかです。


ちらほらお客様も来て頂いて、ライブスタート、
この日はリポーター・アナウンサーの高瀬みどりさんや、常連PAエンジニア氏、
高速ギタリストのしょうちゃん氏、セミプロ・ゴスペルシンガーのこぬれ氏、
某企業勤務のギタリスト氏、WoodShopオープンに協力したという平塚のライブバーのマスター氏、
ヒロシさんとユニットを組んでいるギターヴォーカルのサトシ氏、
なんといってもマスターのギタリスト・ヒロシさんなどなど、
耳の肥えた方たちが沢山、、お店もほぼ満席。
緊張の反面、聞いてもらえる嬉しさがとっても有って充実感に満たされます。


そして、このなかの半分が前回も来て頂いた皆様、
前回がよかったのか?、それとも前回アドバイスした内容が羽委されたのかを確かめにきたのか??
いずれにせよリピータで着ていただけるのは本当にありがたいことです。


で、みなさんに飽きられないように、

★今までにここで演奏した曲はやらない!★

という縛りを自らの「公約」としてつけて、今回は望みました。


さて、19:30 1stStageスタート。
1stStageはポップスステージという位置づけでやりました。
このお店は、本当に音楽を聞くのを楽しみにして来てらっしゃる方が多いので、
視線も、ステージ(というか、演奏する場所)に入っただけでお店が少し静かに。
ダウンライトになり照明が当たったら全員の視線がこっちに集中。
演奏にも気合が入ります。
「そのベース、8弦なの?」とか、「あ、ワウ使ってるんだ~」等、楽器に対する質問が出たり、
毎曲キメの後や曲後に暖かい拍手や声援をいただいて、調子にのっちゃいます。

1st. Stage
1. 亜麻色の髪の少女 / ビレッジシンガーズ Cover
2. You can't hurry love / Suprems
3. Almaz / Randy Crauford Cover
4. Complicated / Avril Lavigne Cover
5. その光は / Orijimal
6. I want you back / Jackson 5 Cover


30分ほどみなさんとお話、
この間にお店かか賄いに「特性カレーライス」をいただきました。
レストランと家庭料理の中間といった感じの気取らない美味しいカレーでした。
僕らが食べてるのを見てお客様が4名も「あのカレーないの?」とリクエスト!!
お鍋を確認して「食べる?」とママのMiekoさん。
こういうところがこのお店の雰囲気のいいところですね。


2ndStageはお客様の年齢層(40代が多い)を予想して、
70年代ロック的な曲のアレンジ版を中心に集めました。
有名な曲ばかりなのですが、アレンジしちゃってるのと、
演奏力が追いついてなく、本物とは程遠い???
ので、わかってもらえるかな~といった感じです。
なので、あえて曲名を言わず、クイズ形式にしてお客様と会話を楽しみました


2nd.Stage
1. I feel the earth move / Carol King Cover
2. 夕陽はあかく / 加山雄三 Cover
3. Coz we've ended as lovers / Jeff Beck Stevie Wonder Cover
4. I Love Rock'n'roll / John Jett Cover
5. 美しき狼たち / あしたのジョーテーマ Cover
6. Walk this way / Aerosmith Cover
7. Smoke on the water / Deep Purple Cover


そして、なんと皆さん暖かい!アンコールを頂きました。
ここは必ずいただけるので、本当に嬉しいです。
で、ベースとヴォーカルでずっとやってきたので、音に変化が無く飽きてるかな~
ということで、一曲はベースを使わずに、僕が口でBassっぽく歌って
我々の定番ソング「Lulubye of Birdland」をやりました。
やっぱり肉声はみなさんに届きやすいみたいで、
みなさん大きな手拍子でずっと応援してくださって嬉しい限りです。
実はこの曲はBass&Vocalバージョンでこのお店でやってるので本当は公約違反なんですが、
アレンジが違うから許してもらおうかな、、、。
そして、「これで終わりじゃないでしょ?」という声に、Bass入りでもう一曲、
「JailHouseRock」、これはよくやるんですが、このお店では何故かやってなかったんですよね。
みなさんに掛け声や拍手をいただいて、この日のライブは終了!


Enc.1. Lulubye of Birdland Acapera / Standard
Enc.2. Jailhouse rock Elvis Presly Cover


と、Bassをスタンドに掛けた瞬間、Takaの先輩がかけつけてくれ、
「え?おわっちゃったの?」 「うん、30秒前に、、、」
「そっか。。」
お店が、「もう一曲やったら?」という温かいお言葉、
定番の曲「I Wanna Be Loved By You」をやりました。
(これも前回やったのですが、公約違反です、すみません)
いつものようにMachikoが客席を回り始めると、お客様がマイクケーブルをさばいてくれて、
机の上のグラスを倒さないようにみんなでケーブルを持ってバンザイ!の形に、
しまいには「これでいっぱいいっぱいです!」とかいうこえも。
これは皆さんが実際にライブをやったりセッティングをしたりする人たちだからなんですね~、
みんな生き生きと笑いながらやってくれました。


Enc.3. I Wanna Be Loved By You / Mariryn Monroe Cover


みなさんにコメントやねぎらいをいただき、
そのうえ差し入れまで何人かのお客様が持ってきていただいて
(注:差し入れはみなさん、ありがたい!ですが、本当に結構ですからね、
聞いていただけるだけでそれが全てなんです!)お店の皆さんで食したり。
楽しい笑顔や時間とともにこの日は幕を閉じました。




■機材
・Machiko:
  VoalMic: AudioTechnica/AE6100
  黒パンツ&黒トップス(1stStage)
  デニムほっとパンツつなぎ&編み上げブーツ(2ndStage)
・Taka:
  Bass:TUNE TWX-8 (8弦ベースの弦を4本はずして4弦にて使用),
  Effector:Boss_ME5B, Boss_LoopStation
   (Bassはエフェクター経由&PAミキサーに直IN)
  Percussion:WindowChime
1st Stage
2nd Stage
S_P1020021.jpg

■今回のライブ概要:
<>
・Date/Time:2011年1月26日(水) 
 19:30~22:00 の中でお客様に合わせて2ステージ
・Charge:1000円
・Place:平塚南口徒歩2分「Bar WoodShop」
平塚南口降りて右側Bar「RAIN」の左側の道を入って1分左側P有。
 平塚市八重咲町4-31
http://www.mapion.co.jp/m/35.32305556_139.35339444_10/
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Profile:紹介

VMBT

Author:VMBT
"Voice Me Bass T" Formed in 2010, is a duo of only the vocalist "Machiko" and the bassist"Taka" .
Are playing Western, Japanese music, soul, jazz, rock, and original songs in the original arrangement of only the bass.

2010年結成、ヴォーカルの「Machiko」とベースの「Taka」のみのデュオ、「Voice Me Bass T」(ヴオイスミーベースティー)です。
洋楽、邦楽、ソウル、ジャズ、ロック、オリジナルソングを、ベースだけのオリジナルアレンジで演奏しています。横浜、湘南を中心にライブ活動をしています。よかったらのぞいて行ってくださいね

Contents:コンテンツ
Updates:最新記事
Links:リンク
QR Code
QR
Number Of Guests
vmbt
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。